瓜食む記 top画像




 

「 瓜食む記-子供との日々 」

 

奈良の南の 入り口で夫婦子一人の生活をしています。ぼくが自由業のため子どもと過ごす機会の多い日々です。
「瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものそ まなかひに もとなかかりて 安眠しなさぬ」
は山上憶良が子どもを思って詠んだ有名な歌ですが、毎日が瓜食むような日常を綴っていきたいと思います。






「 つくし、たんぽぽ、春来たる 」

 つくしが芽を出す季節に なりました。

 子供と生活していると、たぶん、大人だけで生活しているよりも、季節を感じる機会が多いように思います。

ぼくが車に乗らないというのもあります。子供と近所を歩いていると、春には道ばたの花をむしり(摘むのではなく)、夏になるとセミの抜け殻、秋にはどんぐり、冬には枯れ枝あるいはすすき、一年を通して松ぼっくりを渡してくれます。
子供というのはとかく、落ちたものを広い集める生き物のようです。わが家は子供が小さいというのもありますが、公園で観察していると、幼稚園児らしい、就学前の子供たちや、もっと大きい小学生、ときには六年生くらいまで、あれやこれやと拾い集めている姿を見るので、当分は続く習慣のようです。


 春のこの季節はつくし、たんぽぽ、 今年はなずなもブームのようで、白い小さな花を見つけると(白い小さな花は全部なずなです)

「なずなが咲いてるね!」

と言いながら、ぶちぶちむしり取っています。反対に黄色い花は菜の花も全部たんぽぽ。青い花や紫は、大きさは変わらなくても、目に入らないんでしょう、あまり興味を示しません。





つくし、はあの独特の形状が子供心をそそるのか、見つけると、つくし、つくし、とむしり取って喜びます。
頭を触ると白い粉(胞子)が出るのも嬉しいみたいです。頭を触って、

「白い粉が出た!」

と毎回喜びます。つくしを見ると子供でなくても「あ、つくしだ!」と言いたくなるのは、つくしが春を告げる使者だからでしょう。
出始めから日が経つと茎が茶色く弱ってきて保ちませんが、出始めはしっか りしていて、しばらくうちのインターホンの上に飾っていました。








「なぜなぜ期」真っ最中(子供は必ず「なんで?」「どうして?」と疑問詞を連発する時期を通るようです)のうちの子供は、つくしとなずな(白い花)をじっと見て、

「つくしはいつなずなになるの?」

と聞いてきますが、これに答えるのは難しい問題です。
「いや、ならないでしょう」と大人は思いますが、つくしはすぎなになるんだよ、と教える方がよほど難しい。自分が子供だった頃も「すぎながつくし」は謎でした。そういえば、土手にあれだけ茂っていたつくしが、いつの間にかなくなっているのも、不思議といえば不思議です。枯れすすきは見たことがありますが、枯れつくしはありません。


去年の今頃はたんぽぽもブームで 、たんぽぽ、たんぽぽ、と親子でたんぽぽを探し回りました。最初の頃は探すのが下手で、つくしの生えた土手の続きに、草やぶを分け入って、ひと株、ふた株と苦労しながら探したものでした。遠くの公園までわざわざ出かけたこともあります。ですが、たんぽぽは荒れ地ほど咲いているんですね。
遠くまで電車で行かなくても、近所の空き地がいちばん生え放題なのだと気づいたのは少ししてからでした。

子供にとってたんぽぽとは綿毛とセットであるらしく、黄色い花を見つけたら綿毛も見つけてフーまでがワンセット。去年はずいぶん、親子でたんぽぽの繁殖に協力しました。

「たんぽぽ畑」と名付けた空き地のたんぽぽ場を渡り歩く親子の姿は、まあ、はたから見れば妙なものだったでしょう。



子供の手遊びうたに、「ぽっと出たぽっと出た」からはじまる「つくしんぼ」といううたがあります。去年はたんぽぽとつくしがセットで、このうたをずいぶん歌わされました。桜の季節は森山直太朗のさくらでした(オーソドックスなさくらでなく)。子供の成長は早いので、去年と同じわけにはいかないでしょうが、今年はどんな春に付き合わされるのでしょうか。


さあ、もうすぐ桜の咲き誇る季節がやってきます。




◇次回の瓜食む記は6月の20日〜末頃の更新です。
 

何をお探しですか
  • hitofuhiオリジナル

  • キッチン雑貨

  • テーブル雑貨・器

  • バス・トイレ・掃除雑貨

  • ファッション雑貨

  • リビング・インテリア

  • 文房具

  • こだわりの食品

  • 郷土玩具・縁起物

  • 冠婚葬祭の品

  • 企画展示の限定品

exbition item

Shuo

item group

結婚祝い ベビー用品・出産祝い ご挨拶・お礼の品 木工品 布製品 竹製品 陶器・ガラスの器 タオル・ふきん かごバック Classic Ko

seasonal pic up

初夏のセレクト
BOOKS 日々是穏日イメージ
水無月レシピ

head dress rental

nichika mukai for wedding