石見焼 塩ツボ/白・藍

石見焼 塩ツボ(白・藍)

出雲から海岸沿いの道を東へ。江津市に伝わる焼き物が石見焼(いわみやき)です。ここに窯業が伝えられたのは一七〇〇年代後半と言われており、現在も幾つかの窯元が残りその技を伝えておられます。

石見焼に使われるのは地元で産出される都野津層の粘土。極めて高い耐火度数が特徴で、一二五〇度以上で焼き締められているため非常に硬く強く、凍結、酸・アルカリなどの化学薬品にも耐久するという特徴が有ると言われています。「石見焼のツボは、味噌や漬け物が長持ちすると言われるんですよ。」窯元を訪ねた時に職人さんはそうも教えてくださいました。

一口に陶器と言っても、その土地の粘土が持つ特徴によって用途には得手不得手があります。そして、どういうわけか昔の人はそれを理解して道具を仕立てていたようです。塩、梅干、味噌、漬け物、水瓶、すり鉢に適した焼き物「石見焼」。現在のお台所でもその良さを是非活用してください。オリジナルのお塩少々さじも併せておすすめいたします。もちろん、お塩や梅干以外の物を入れる用途にもお使いくださいませ。

  • 寸法:フタ直径/約10cm 高さ/約10cm
販売価格 2,160円(税込)
購入数
カラー

最近チェックした商品

何をお探しですか
  • hitofuhiオリジナル

  • キッチン雑貨

  • テーブル雑貨・器

  • バス・トイレ・掃除雑貨

  • ファッション雑貨

  • リビング・インテリア

  • 文房具

  • こだわりの食品

  • 郷土玩具・縁起物

  • 冠婚葬祭の品

  • 企画展示の限定品

exbition item

Shuo

item group

結婚祝い ベビー用品・出産祝い ご挨拶・お礼の品 木工品 布製品 竹製品 陶器・ガラスの器 タオル・ふきん かごバック Classic Ko

seasonal pic up

初夏のセレクト
瓜食む記イメージ
水無月レシピ

head dress rental

nichika mukai for wedding