瀬戸本業窯 青三彩

瀬戸本業窯 青三彩

瀬戸は千数百年にわたる陶芸の歴史をもつ場所です。瀬戸本業窯は現在、七代目水野半次郎と八代後継雄介さんが伝統を守る窯元です。「釉薬も手づくり。昔と変わったところと言えば登り窯がガス窯になったという点くらいですね。」という言葉通り代々同じデザインの作品を作り続けておられます。

機械的な陶磁器製造が無かった時代、瀬戸では海外向けの輸出玩具(いわゆるノベルティと呼ばれるおまけのようなもの)を製造していました。手づくりながら一定の「規格」に収まるように量産を求められる仕事に応え続けてきた瀬戸の技術は、日本の窯業の中でも一目置かれる存在でした。戦下、金属が使えなかった時に、学生ボタン、キセルの口、などを作ってきたのも瀬戸。国内で最初にタイルを作ったのもまた瀬戸でした。

古い歴史と、盤石な技術のもと作り上げれる三彩皿は、皿の縁にだけ釉薬が塗られた状態で窯に入れられ、それが高温により溶けうつわの中心に向けて自然に流れることで模様が描き出される器です。何を盛りつけも良く映える素晴らしい一枚です。

  • 寸法:直径約25cm 全体の高さ:約4cm
  • 初めてお使いになる時は、米のとぎ汁で三分ほど煮沸されるのをおすすめします。
  • 水を吸い易いので、食品を入れたまま、浸けたまにしないでください。
  • 洗ったもの同士を重ねたり、直ぐに食器棚に閉まったりするとカビの原因になります。
販売価格 16,200円(税込)
購入数


最近チェックした商品

何をお探しですか
  • hitofuhiオリジナル

  • キッチン雑貨

  • テーブル雑貨・器

  • バス・トイレ・掃除雑貨

  • ファッション雑貨

  • リビング・インテリア

  • 文房具

  • こだわりの食品

  • 郷土玩具・縁起物

  • 冠婚葬祭の品

  • 企画展示の限定品

exbition item

Shuo

item group

結婚祝い ベビー用品・出産祝い ご挨拶・お礼の品 木工品 布製品 竹製品 陶器・ガラスの器 タオル・ふきん かごバック

seasonal pic up

初夏のセレクト
FTOFバナー
水無月レシピ

head dress rental

nichika mukai for wedding