智頭杉の曲げわっぱ/小判

智頭杉の曲げわっぱ/小判


美味しいお弁当はお弁当選びから。お問合せの多い曲げわっぱ弁当箱を鳥取の智頭杉でお作りいただきました。
曲げわっぱは杉の薄板を曲げて作る器のこと。同じ製法で作られた曲げわっぱ弁当箱も仕上げで三種類に分けることができます。ひとつはウレタン樹脂塗装仕上げ、もうひとつは漆仕上げ、最後のひとつは何も塗装していない白木のままのものです。

ウレタン塗装仕上げは木の表面に膜を作るため具材のシミや油染み、カビの心配はありませんが、膜がはられていることで木の持つ本来の調湿効果と防腐効果が損なわれてしまうと言えます。

漆仕上げはウルシの木の天然樹脂を塗装していますのでシミや油染み、カビの心配もありませんし、天然の調湿効果が完全に損なわれることはありません。ただ、と膜に傷をつけないように取扱いには注意が必要です。

白木のままのものは、杉の機能を妨げる加工は施されていませんので調湿、防腐の効果が生きている代わりに、充分に乾燥させながら使用しなければカビの心配があります。

曲げわっぱの人気の理由はお弁当を詰めた時の美味しそうなビジュアルだとおもいますが、一番おすすめしたい点は実は杉の持つ機能面。お弁当をあけた時に蓋に水滴がついているのをご覧になられたことがあると思います。ご飯やおかずはいくら冷ましてから蓋をしたとしても湿気を出します。水滴になった湿気は、ご飯やおかずに移ってご飯粒をブヨブヨにふやけさせたり、おかずやご飯の傷みを早めさせたりします。この余分な水分を吸い込んでお弁当箱の中の湿度を調整してくれるのが「木の持つ調湿機能」で、これにより白ご飯が美味く傷みにくいお弁当にしてくれるのです。
せっかく曲げわっぱのお弁当箱をお使いになられるのであれば、是非「白ご飯が美味しい!」という最大の魅力が実感できる白木のものをお使いいただきたくて、hitofushiのオリジナル曲げわっぱ弁当箱は無塗装仕上げにこだわりました。無塗装である限りカビのリスクをゼロにすることは出来ませんが、洗った後ふきんで隅まで水分を拭くことと、必ず完全に乾いてから使うということとを守っていただくことでカビは生えにくくなります。(一日置きでお使いいただくのが理想的です)

おかずとご飯を分けて入れやすい同素材の仕切り板は、あえて側面にきっちりはまる幅ではないので、ご自分のお好みのご飯量の位置に合わせて便利にお使いいただけます。(ご飯を入れてから仕切りを入れておかずを詰めるとお使いいただきやすいです)

ご家庭で少量のご飯が余った時には、お櫃代わりにご飯の保管にお使いいただくことも出来ますよ。 天然素材の持つ素敵な機能を活かして、美味しいお弁当生活を始めてみませんか?





・サイズ:内寸16.5×9×4.5cm ・素材:智頭杉
・食洗機や乾燥機はお使いいただけません。
・洗った後の水分は良く拭き、風通しの良いところで充分乾燥させてください。 ・濡れたまま、湿った状態で長時間放置しないでください。



販売価格 7,560円(税込)
購入数


最近チェックした商品

何をお探しですか
  • hitofuhiオリジナル

  • キッチン雑貨

  • テーブル雑貨・器

  • バス・トイレ・掃除雑貨

  • ファッション雑貨

  • リビング・インテリア

  • 文房具

  • こだわりの食品

  • 郷土玩具・縁起物

  • 冠婚葬祭の品

  • 企画展示の限定品

exbition item

Shuo

item group

結婚祝い ベビー用品・出産祝い ご挨拶・お礼の品 木工品 布製品 竹製品 陶器・ガラスの器 タオル・ふきん かごバック Classic Ko

seasonal pic up

初夏のセレクト
瓜食む記イメージ
水無月レシピ

head dress rental

nichika mukai for wedding